IS250日記 Vol.26 「タイヤ交換 Part3:空気圧調整~お試し走行」


タイヤをブリジストンのPOTENZA S007Aに履き替えてから、4輪とも空気圧約290kPaの状態で約100kmの慣らし運転が終わりました。

この間、速度は60km以下、急発進・急ブレーキを避け、交差点やコーナーでもなるべくタイヤに横Gがかからないように非常にジェントルな運転を心がけました。

…まぁ、いつもお孫様たちをお乗せしてるんで普段から気を使って運転してますから、いつも通りっちゃ~いつも通りなんですが。。w

取り合えず慣らしが終わったので本来の空気圧に戻そうと思ったんですが、その前にもう一度純正のJATMA規格とXL規格の適正空気圧をチェック。

実はオジサン、当初は適当に考えてて前後とも260kPaもありゃイイんじゃね?くらいに思ってました。

ところが、空気圧が20kPa違うと乗り心地がかなり変わるってことに気づいちゃったせいで、これはやっぱりチャンと調べた方がイイかも、、ってことで。。



純正(前:225/45R17 90W,後:245/45R17 95W)の指定空気圧は前:240kPa,後:260kPaです。

ブリジストンのサイトにあった空気圧別負荷能力対応表によると、前輪の指定空気圧による負荷能力は600kgなので、S007A(224/45R17 94Y XL)だと260kPa(負荷能力615kg)あればOKですね。

ところが後輪の純正の指定空気圧260kPaってJATMAタイヤの規格外の空気圧なんで負荷能力対応表に出てないんですよね。

…これが240kPaなら負荷能力は690kgとなり、S007A(245/45R17 99Y XL)だと250kPaでピッタリ690kg、余裕をもって260kPa(同710kg)で良いと思うんですが。。

これってホントはどうすりゃイイんだろ?と思ってネットで検索したところ、JATMA規格のタイヤは空気圧を240kPa(タイヤによっては250kPa)以上にしても負荷能力はUPしないそうです。

なので空気圧が260kPaの場合でも負荷能力は240kPaのときと同じ690kgと考えて良いみたいです。

だとするとS007A(245/45R17 99Y XL)の場合、負荷能力的には250kPaで良いことになりますが、、

その後、BSのサイトで「タイヤサイズ変更時の推奨空気圧検索システム」ってのを見つけたのでこれで検索すると

前輪:260kPa、後輪:260kPa

という結果になりました。

なんで後輪が260kPaになるのかは不明ですが、とりあえずBSさんのご指示に従って前後とも260kPaにしました。

…結局、オジサンが適当に考えてた空気圧で良かったってことでした。。w



さて、本来の空気圧になった(と思われる)S007Aはどんな感じになるんでしょう。

今日はいろんなシチュエーションを試してみようってことで、一般の生活道路、バイパス、国道16号、高速道路などを制限速度を(ちょっとだけ)オーバーするペースで約1時間半ほど走ってみました。

前輪を約30kPa、後輪を約20kPa下げた訳ですが、まずハンドルが若干重くなり車自体も重くなった感じです。

明らかに接地感が増し、発進時の加速感がちょっと落ちたのと同時にブレーキの効きはさらに良くなりました。

アクセルを離したときのスッと抜けるような空走感も若干減ったようなので燃費は確実に落ちそうです。

ハンドルを切った時の反応が気持ちゆるくなった気がしますが、以前は反応がリニアすぎてちょっと気を遣うくらいだったので、この方が気が楽かな。

ただし剛性感は維持していてLM704で一番気に入らなかったグニャ・フワッとした感じは全くありません。

高速道路ではさらに直進性・安定感が増して気持ちよく走れます。

ちょっと高速でコーナーを抜けるときなどは思った通りに車が向きを変えてくれる感じでまさに快感!w

ただし、轍や路面のうねりに対しての反応はやや緩くなりましたが、やはりコンフォート系タイヤとはかなり違います。

また、キレイな舗装路ではゴツゴツ感やロードノイズはほとんど気にならなくなりましたが、普通の舗装路や荒れた舗装路ではけっこうな音が出ます。

それでもS007Aはスポーツ系タイヤの中ではかなり快適性に振ったタイヤなんでしょうね。

まぁ、コンフォート系タイヤの乗り心地・静粛性とは比較になりませんが。。



その後、空気圧を260kPaから上下してみたらどうなるかやってみた結果、、

後輪は270kPaくらいならやや跳ね気味になる程度ですが、前輪を270kPaにするとオジサン的には反応がリニアすぎてキツくなります。

ただ、下は前後とも250kPaより下げるとかなり印象が悪くなります。

走りが重くなるだけでなくメチャ不安定になり、舗装の小さなゴツゴツまで拾いまくって乗り心地も悪化します。

さらにロードノイズもかなり耳障りになるし全く良いことありませんでした。

…空気圧って高くても低くても乗り心地が悪くなるしノイズも大きくなるんですね。

と言うことで、IS+S007Aの適正空気圧は前後とも260kPaで正解のようです。

(一応、空気圧の測定は気温20℃くらいを基準にして、タイヤが冷えている状態で測ってます)

それにしても、、このタイヤってホントに空気圧に敏感ですね。

ちょい乗りならともかく、ちょっと長距離を走るときなどはまめにチェックする必要がありそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください