IS250日記 Vol.17 「洗車オヤジ痛恨のミス!」

 

ISを買ってから、それまで使っていた洗車道具を一新してなるべく洗車キズが付かないように気を付けて洗ってました。

その洗車道具の一つがシュアラスターのムートングローブ。

いつもこのムートングローブで優し~く洗ってたんですが、、

気が付くといつの間にかボディは洗車キズだらけ!

せっかく高い金出してムートングローブまで買ったのに、、何で?

で、ネットで検索してみると、、

ムートングローブは縮れや毛玉などが出来て固くなっちゃうと却って傷を付けちゃうことになるんだそうです。

そのため、使った後に揉み洗いしたり絞ってから乾かしたりするのは絶対NGで、使った後は十分な水ですすいでから軽く振って水けを落とし、風通しの良いところで陰干しが正解だとか。

…オジサン、この二つとも毎回やっちゃってました。

結果、オジサンのムートングローブは縮れて毛玉が出来てゴワゴワになっちゃってました。

上の製品写真と比べると同じ製品とは思えませんね。

いつの間にか増えてた洗車キズの原因はおそらくこれでしょう。

傷を付けないために買ったムートングローブで一生懸命キズを付けてた訳です。

・・・ぐぬぬ、、オジサン、痛恨のミス!orz

 

せっかく高い金出して買ったムートングローブ。このまま捨てるのはもったいないんで、ネットで出てた方法で再生してみることにしました。

毛玉や縮れで固くなったムートングローブはバフブラシみたいなヤツで毛並みを整えてやればイイってことなんで、当家の猫用のブラシを使ってブラッシングしてみます。

これで前後左右にゴシゴシやると、ブラシには大量の抜け毛が。。

つか、気が付けば部屋の床が抜け毛で綿埃だらけに。w

こんなに毛が抜けちゃって大丈夫か?

・・・と思いながらも、どうせダメ元なんでそのまま15分くらいガシガシブラッシング。

すると、だんだん毛玉が消えてモコモコになってきました。

毛先がバラバラにほぐれて最初の製品写真の状態にかなり近づいた感じ。

触るとフワッフワになってるし、これならまた洗車に使っても大丈夫そうです。

 

翌日、早速このムートングローブでシャンプー洗車してみました。

すると、、

ムートングローブがボディの上をスル~っと滑る感じで洗えます。

あ~、これ、このムートングローブを使い始めたときの感触だわ。。

…確かに使い始めの頃はアタリがすごく軽くて、これならそう簡単にキズは付かないわって思ってました。

ずっと使ってると、だんだん感触が重くなってきているのに気づかなかったんですね。

慣れってコワいですねぇ。。

 

ってことで、、

またまた高い授業料を払うことになってしまいましたが、ムートングローブのお手入れ方法も分かってまた一つお利口さんになったオジサンです。

 

 

 

カテゴリー: IS250日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください