日本脱出計画6 Part1 「Super init sa Maynila!」

 

灼熱のマニラから何とか無事に帰ってきました。

マジ冗談抜きに暑かった、、いや熱かった!

日陰を選んで歩いても10分もすると頭はクラクラするし体はフラフラ。

去年はここまで酷くなかったと思うけど、こりゃオジサンもいよいよ年か。。

なんて思ってたら、pxtさんのお友だちのJun曰く、、

今年は今までの夏と違うね。「Super init!」だって。

現地の人でも耐えがたいくらいの暑さだったんですねぇ。。

しかも今回はいろいろあってほとんど毎日寝不足。

…マジ死ぬかと思いました。。w

 

さて今回はpxtさんと初の行き帰り便からホテルまで一緒の完全同行旅。

僕の車で途中でpxtさんをピックアップして成田へ向かいます。

5時にpxtさんをピックアップすることになってたんで、4時に目覚ましをかけて12時前に寝たんですが、、

出発前日になって急にコーフンしちゃったのか全然寝られない。。

いつもの睡眠導入剤がまったく効きません。

結局、3時にはもう寝るのは諦めてDVDを観て時間潰し。

いきなり出発前日から寝不足です。w

ところが、僕はただの寝不足旅行だったんですが、pxtさんはもう大変!

とんでもない大トラブルトラベル!?になっちゃいました。

 

当日朝、予定通り5時過ぎにpxtさんをピックアップして一路成田へ。

pxtさんは酒々井で時間調整するつもりだったそうなんですが、僕がそれを分かってなくてサクッと酒々井通過。w

結局、7時前に成田に着いちゃいました。

この成田でpxtさんの最初のトラブル発生!

マンションの鍵が無い!

いつもジーパンのベルトループにキーホルダーで下げてるのに鍵がぶら下がってない!

バッグの中を探しても無いし、途中で落ちちゃったのか、ドアにささったままになってるのか。。

メチャ気にしてましたが、かと言ってここで帰る訳にもいかないし。。

とりあえず、後で会社の同僚に見に行ってもらうことにしますって。。

…結局、マニラ滞在中にバッグの中に紛れ込んでいたのを発見したんですが。。w

DSC_6047

JL741は定刻で出発。

とっても順調なフライトでしたが、機内食がなんと焼きそば&ライス。

こんなメニュー誰が考えたんだろ?

JALのマニラ便って時々大ハズシしますね。w

DSC_6050

今回、初めてルソン島上空で写真撮っちゃいました。

DSC_6057

DSC_6059

DSC_6065

機内食はアレでしたがw、 定刻より早めにマニラに到着。

ターミナル1は現在改装工事中でした。

DSC_6068

NAIAで無事Junと合流して、今回のマラテの宿泊先Riviera Mansion Hotelへ。

RivieraはいつもならAgodaで予約するんですが、Agodaだと朝食付しか予約出来ないので、今回はホテルのサイトで朝食別で直予約しました。

それからRivieraはDeluxeルームだと携帯の電波がヤバいんで、一つ上のPremierルームにしてみました。

メールで来たバウチャーを出すとサクッとチェックイン完了、、したのは良いけど、掃除するからしばらく待ってくれって。

…予約時にチェックインタイム書いてんのに、全然意味ねぇじゃん!w

Premierの部屋自体はDeluxeとほとんど変わりませんでしたが、(多分)6階より上の階になるんで電波バッチリでした。

pxtさんは今回は4人連れ(彼女&彼女の妹&娘)なんでVIP Suiteにチェックイン。

 

今日の予定は、まずはpxtさんの彼女一行がRivieraに着いたら一緒に晩飯。

食事の後、明日のアロナビーチ行きの確認の為にYちゃんのお店へ。

それからBobbyが今日マラテに来れれば一緒にKTVへ。

翌日は8時にはホテルを出なきゃいけないんで、適当なところで切り上げてソッコー寝て初日終了、、のはずだったんですが。。

 

とりあえずBobbyに電話すると7時にはマラテに来れるっつーことなんで、Yちゃんのお店で待ち合わせることに。

…どうせ来るのは8時だろってことで。。w

それからYちゃんに連絡したら、明日のボホール行きはホントに来るっつーし、結局何だかんだで今日は同伴することになっちゃったんでw、マラテに着いたら電話してねってことにして、(どうせ来るのは7時過ぎだろってことで)まずは珍しく時間通りにマラテに着いたpxtさんの彼女ファミリーと一緒に晩飯に。

でも、二人が何時に来るか分からないんで、pxtさんに近場でってお願いしてエルミタのカマヤンへ。

カマヤンはバイキング形式のレストランで、フィリピン料理から日本料理まで揃ってます。

…でも、オジサンたちは一番安いフィリピン料理のみのコースです。。w


CIMG2318
Photo by pxt(以下のカマヤンでの写真は全てpxtさんからいただきました)

pxtさんと彼女のツーショット。

CIMG2324

悪魔的に可愛いw 二人の天使チャンたち。(pxtさんの彼女の年の離れた妹と娘です)

CIMG2322

pxtさんのお友だちでドライバーのJun。(メチャ頼りになります)

CIMG2319

バンドがテーブルを廻って歌ってくれます。(一番右のオッサン、メチャお茶目!w)

CIMG2341

ところが、食べ始める前にYちゃんからRivieraに着いたって連絡が。w

仕方なくpxtさんファミリーには先に食べててってお願いして、エルミタからRivieraまで歩いてお迎えに。

汗だくになりながらRivieraの前で無事Yちゃんと再会すると、なんかすっごく小さい。

どう見ても150cm以下で身長差30cm以上!

…お店ではメチャ高いヒール履いてたんですねぇ。。w

Yちゃんも僕を見て身長差に驚いたようで、あなたそんなに背が高かったっけ?って。w

お互いビックリしながらエルミタのカマヤンまで歩いて戻り、やっと食事にありつきました。

オジサンと娘・・・いや、Yちゃんです。w

CIMG2332

やっと飯にありついたと思ったら、今度はBobbyから、もうYちゃんのお店の前にいるよって電話が。

…何でこういう時に限って時間ピッタリに来んだよおまえは。。w

 

ソッコーで食事を終わらせて、Junの車でYちゃんのお店まで送ってもらって無事Bobbyと合流。

Bobbyくん、相変わらずジョークの嵐で日本語の分からない娘にウソの日本語教えて大はしゃぎ。

一度ホテルに戻ってちょっと遅れてきたpxtさんはお店のカラオケがDAMじゃないんで不完全燃焼ですが、この1軒だけはガマンしていただいて。。w

僕の方は明日早いんで彼女がちゃんと8時前にホテルに来れるかが気がかりでしょうがない。

よく聞くと家はケソンでマラテまで1時間かけて通ってるらしい。

なので、明日の朝は7時前に家を出るから大丈夫とは言うけど。。

僕的には9割方信用出来ません。w

ホントに大丈夫か?ちょっとでも遅れたらアウトだかんな!ってな感じでしつこく確認したら、彼女もだんだん自信が無くなってきたみたい。

結局、お店が終わったら一度家に荷物を取りに戻って夜のうちにホテルに来ることになりました。

…これで明日の朝の遅刻の心配は無くなったんで、まぁ 一安心です。w

っつーことで、ここを適当に切り上げて次の店へ。

 

次はpxtさんが弾けられそうな?Vogue。

ここは女の娘もお客さんも皆異常にテンション高いですからね。w

Vogueは今マラテで一番元気なお店でしょう。

案の定、pxtさん両手に花でいきなり全開!w

…でも、オジサン的にはとても付いていけません。。orz

明日があるんで、ここも適当に切り上げてホテルへ。

僕はBobbyを部屋に呼んで、Bobbyの娘用のチョコレートとBobby用のMEVIUSをプレゼント。

しばらく話をして1時前にバイバイしたんですが、、

僕はYちゃんを待たなきゃいけないんでまだ寝られません。

結局、Yちゃんがホテルに来たのは5時過ぎ。ろくに話もせずにベッドでバタンキュー。

そんなこんなでハードな初日が終了。

 

明日はいよいよ今回のメインイベント。アロナビーチへ出発です。

同行するYちゃんは隣りのベッドでスヤスヤ寝てるし、どんな旅になるんでしょう。。

 

日本脱出計画6 Part2 「国内線初搭乗&アロナビーチへ」へ

 

 

Follow me!

日本脱出計画6 Part1 「Super init sa Maynila!」” に対して2件のコメントがあります。

  1. pxt より:

    鍵の件はご心配をかけ、申し訳ありませんでした。
    私事ですが、成田のラウンジの明太子を味わう心の余裕がありませんでした
    (次回はゆっくり食べるぞぉ!)。

    しかし、どう考えてもあのバッグにぽろんと入れる自分が分からない・・・
    前日の酒がまだ残ってたのかなあ。

  2. vic より:

    お疲れさまでした。
    pxtさん的には何かと大変な旅になっちゃいましたね。w
    …次回からは前日の酒は控えましょう!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください