CPU使用率100%張り付き

 

先日ある客先から、ノートPCのCPU使用率がずっと100%のままで使い物にならないので見てほしいと連絡がありました。

客先へ行ってチェックしてみると、確かに起動時からしばらく経ってもずっとCPU使用率が100%のままで、何をするにも遅くて使い物になりません。

あまり時間がなかったんで、家に持ち帰って再チェック。

このノートPCの機種とスペックは、

Dell Vostro 1015
CPU:Celeron Dual Core T3000
メモリ:DDR3-1333 2GB
Windows7 x86

約6年前のノートPCですが、CPUはまぁイイとしてメモリ2GBはちょっとヒドイですね。w

 

取り敢えずタスクマネージャーからリソースを見ると、やはりsvchost.exe(netsvcs)が90%以上CPUを使ってました。

つまりWindows Updateがうまく行ってないっつーことですね。

ネットで調べてみると、去年の春以降からWindows7のWindows Updateが始まらない、終わらないってトラブルがけっこうあるようです。

特にメモリの少ないPCで頻発してるらしい。。

そこでまずはメモリを4GBにしてから、ネットで出ていた方法を試していきます。

最初にコマンドプロンプトで「net stop wuauserv」と打ってWindows Updateを止めてからディスクのクリーンアップ。

次にWindows Update ClientとWindows UpdateエージェントをDL・インストール。

再起動後にWindows Updateを実行してみると、やはり更新の確認画面から1時間経ってもUpdateが始まらない。

他にもネットに出ていた方法をいくつか試してみましたが、まったく改善しません。

もしかしてハードの問題?

メモリもHDDも問題無さそうだけど、、

そう言えば、CPUクーラー廻りにほこりが詰まって動作がトロくなったってパターンがよくありました。

ノートの分解はやったこと無かったんで、この際やってみようか。。

ってことで、ネットでDellのマニュアルを見つけて分解開始。

けっこうメンドい作業でしたが、何とかCPUファンまで到達。

・・・でも、ほとんどほこりは着いてませんでした。。orz

 

う~ん、、どうしようか。。

こういうときは、、

Windowsの再インストール!w

ところが、再インストール後のWindows UpdateでSP1のインストールまで行ったら、またまたUpdateが終わりません。

でもUpdate自体は動いてるっぽい。

こうなったらトコトン待ってみよう。。

ってことで、電源設定でスリープを無しにしてそのまま様子を見ていると、約3時間後にSP1のUpdateが完了。

この後もCPU使用率100%のままですが、これはSP1適用後の大量のUpdateを確認してるからだと思うんでそのまま放置。

2時間後、Updateの準備完了のサインが出たんでUpdate開始。

約5時間かかって約200個のUpdateが完了。

その後も手動でのUpdateの確認はせず、自動Updateに任せていくつかUpdateをインストール。

結局、Windows7の再インストールから3日目にやっとUpdateが落ち着いてきて、最後の方はUpdateもそれほど時間がかからなくなりました。

ここでCPU使用率を見ると、ほぼ10%以下になってます。

これならもう大丈夫だろうってことで、アプリ類をインストールして作業完了としました。

Updateが遅くなった原因は、おそらくメモリが少なかったのと、過去にWindows Updateの途中でPCをシャットダウン、またはスリープになってUpdateを中断しちゃうようなことが何回か重なったとか、、なのかなと。。

この手のトラブルを避けるためには、こまめなUpdateとUpdate中(更新プログラムの確認中も)にPCを切らないってことでしょうね。

 

ちなみに、しばらく使ってなかった当家のノートPC(Compaq 6730s)はどうかと思って起動してみたら、やっぱりCPU使用率100%でWindows Updateがまともに動かなくなってました。

ついでなんで、これもWindows7を再インストール。

Updateの様子を見ると、DellよりはまともにUpdate完了まで行けて、CPU使用率もひとケタ台に落ち着きました。

…っつっても、ほぼ2日がかりでしたが。。w


 

 

Follow me!

CPU使用率100%張り付き” に対して1件のコメントがあります。

  1. pxt より:

    ちょいと心配になり、自分のノートもチェックしました。
    大丈夫でした(ほっ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください