VSFTPDをSSL化したらファイル転送が途中で止まっちゃう問題

 

自宅のサーバーでWWWをSSL化した後、VSFTPDもSSL化したんですが、、

大量のファイルを転送すると、何故か途中で切断されるようになりました。

ログを見たり設定を見直したりしたんですが、原因が分かりません。

そこでネットで検索してみたら、、

FTPをSSL化(暗号化)したことによって、FTPを監視しているWindowsのファイアウォールが、FTPの通信内容を読めなくなって「コイツ怪しくね?」って判断して切断してたらしい。

…って、WindowsがFTPSに対応出来てないだけじゃん!w

ということなのでWindowsファイアウォールのFTPの監視を止めちゃいます。

1.管理者モードでコマンドプロンプトを開く

2.「netsh advfirewall set global StatefulFTP disable」と入力してエンター

3.「netsh advfirewall show global」と入力してエンター

4.「StatefulFTP」が「無効」になっていればOK

これでFTPS環境下での大量のファイル転送が問題なく出来るようになりました。


 

 

カテゴリー: PC・SERVER・NETWORK パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください