Firefox絶不調の原因

 

このところ、メイン機で使ってるFirefoxがボコボコ落ちるようになってしまいました。

酷いときには数分ごとに強制終了します。

そこで、ハードウェアアクセラレーターをオフったり、アドオンを全て無効にしてみたり、Forefoxを再インストールしたりしましたが、それでもやっぱりダメ。

それどころか、Firefoxを使ってると突然ブルーバックが出てWindowsが再起動する始末。

こうなるとメモリが怪しくなってきますが、、

ただ、Firefoxを使っているとき以外は普通に使えるんですよね。

試しにブラウザをChromeにしてみると問題なく使えます。

…やっぱりFirefoxか。。

と思ったら、しばらくしたらChromeでもエラーが。

やっぱりメモリか!?

ってことでWindowsのメモリ診断をしてみるとエラー無し。

でもWindowsのおまけのチェックじゃイマイチ信用出来ないんで、メモリチェックツール「memtest86+」でチェックしてみたら、、

IMG_0153

ガ~ン!エラーの嵐!

積んでる4GB×4本のメモリの中の1本がアウトでした。

取り敢えずダメなメモリとデュアルにしてるもう1本も外して8GBで起動してみました。

Firefoxを以前の状態にしてタブをガンガン開き、メモリを喰いそうな他のアプリもいくつか起動して動作テスト。

・・・1時間後、Firefoxの強制終了無し!ブルーバックも出ません。

やっぱりメモリでしたね。

しばらく8GBで動かして、メモリがキツいようだったらまた買い足すことにしました。

それにしても、、メモリなんてめったに壊れることないんで、なかなかメモリを疑う気になれませんでした。

これからはPCの挙動がおかしくなったら、まずメモリチェックしよっと。


 

 

カテゴリー: PC・SERVER・NETWORK パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください