Fujitsu PRIMERGY TX1310 M1

 

先日ある客先で、データベース&WEB用のサーバーが古くなったので、サーバーの買い替えとシステムの更新を勧めました。

で、見積りを作るために安いサーバー機を探したんですが、今はなかなか手頃なのが無いんですね。

何とか2万円台でこのサーバーを発見しました。

ただ、メモリが少なかったので4GB追加して約3万円。

これで客先のOKが出たんでソッコー注文。

PRIMERGY TX1310 M1

Fujitsu PRIMERGY TX1310 M1

 

届いたサーバーに早速CentOS7をインストール。

インストール自体は問題なく終わったんですが、再起動するとブートメディアが無いってエラーが。

ん?インストール時にはちゃんとHDDを認識してたのに。。

まぁ、初めてのサーバー機だと大抵何かしらトラブるもんですね。

ちょっとパニくりながらもBIOSを確認すると、SATAモードがRAIDになってました。

HDDは1台しか乗ってないのにRAIDな訳ないじゃん!w

取り敢えずIDEにしてみましたがやっぱり起動しない。

もしかしてイッチョ前にAHCIなの?w

・・・正解!

SATAモードをAHCIにしたらサクッと起動してくれました。

あとはいつも通りサーバーツール類をインストール・設定して初期設定完了。

ただ、古いサーバーはデータベースもWEBプログラムもEUC-JPで組んでたんですが、今度はUTF-8にするんで全部UTF-8で書き換えなきゃなりません。

取り敢えず、MySQLのデータを古いサーバーからダンプし、UTF-8に変更してインポート。

Windowsから接続・動作テストしてみると、なかなかイイ感じで動いてくれます。

つか、古いサーバーと比べると各段に速くなってます。…トーゼンですが。。w

後はWEBプログラムをUTF-8に書き換えて動作テストすれば終了なんですが、、

これがけっこうメンドいんですよねぇ。。


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください