Xperia XZ1(G8342)到着!

 

昨日の昼過ぎに佐川に渡った(と思われる)G8342ですが、無事に今日のお昼に届きました。

1周半遅れですが、お約束の開封の儀。

今回も本体の下に入ってるアクセサリー類には手を付けません。

カラーはMoonlit Blue。

Walkmanを買ったときにすごくイイ感じだったんでお揃いにしました。

まずはETORENに注文した日に別途Amazonで買っておいたオジサン御用達のTPUクリアケースに入れてから作業開始。

初期不良とかあるとマズいんで、ソッコーで初期設定して動作確認しましたが特に異常はなさそうで一安心。

実はこれを注文した後に、XZ1には液晶が異様に黄ばんでる尿液晶や画面に斜線が入る不具合が多いって知ってちょっとビビッてました。

でも、届いたG8342は黄ばみも斜線もなくキレイな液晶だったんでこれも一安心。

F5321と並べてみるとけっこうデカく見えるけど、今となっては小型の部類ですね。

こうして見るとG8342ってやたらベゼルが太くてF5321以上に古臭い感じもしますが、オジサン的には全然気になりません。

上のG8342の写真でアンテナが二つ立ってるの分かりますでしょうか。

そう、早速デュアルSIMを試してみました。

左がdocomo、右がフィリピンのGLOBEのSIM(Rは国際ローミング)です。

設定の端末情報画面にも二つのSIMが出てきます。

やはりGLOBEの国際ローミングはソフトバンク回線に繋がってますね。

続いてG8342の電波受信感度をチェック。

このG8342、背面が全面アルミ筐体なんで電波受信感度にちょっと不安がありました。

でも背面のカメラの上とサイドの上下3ヶ所にアンテナラインが入っていて、受信感度はF5321より若干良い感じだったんで安心しました。

docomoSIMの電波受信感度。…勝手にLTEになってました。

GLOBE SIMの電波受信感度。…docomoがLTEになってるんでこっちは3Gです。

別の携帯から両方の電話番号に架電してみたところ、両方とも問題なく着信出来ました。

これならフィリピンに行っても電話としてはこれ1台で済んじゃう訳ですが、、

SIM2枚入れちゃうとSDメモリが入れられないんですよね~。

さすがに本体の64GBだけじゃキツいし。

デュアルSIMっつっても、SIMスロット2がSDメモリと排他利用ってのと、4G+3Gなんで片方は必ず3Gになっちゃうところ、あと片方のSIMで通話してる間は他方のSIMの通信は切れちゃうって辺りはまだまだ発展途上って感じですね。

…最近では4G+4GやSIM2枚とSDメモリが独立してる機種も出てるようですが。。

まぁ、イザってときはデュアルSIMも使えまっせってことで。。

 

次にカメラをチェック。

ちょうど孫たちが来てたんで、設定は何も触らずに何枚か撮ってみたんですが、、

F5321より明るめでみょ~にハッキリクッキリ撮れててビックリ。

娘や母に見せたら、何か前のよりキレイだねって感心してました。

このカメラ、画素数的にはF5321の方が上なんですが、スペックに現れない部分がかなり進化してるんでしょうね。

スリープ状態からのシャッターボタン長押しカメラ起動もメチャ速くなってました。

あと、この頃のXperiaのカメラの最大の弱点だったゆがみ問題も、静止画ゆがみ補正機能が付いてほぼ解消されてるみたいです。

オジサンの汚いデスクもそれなりにキレイに写りました。

その他、取り敢えずザっといじってみましたが、サクサク動くんで全くストレスなく使えます。

これならあと2年くらい楽勝で使えそう・・・壊れ、、イヤ、壊さなければ。。w

 

あっ、ちなみにこのG8342、シンガポール発送だったんですっかりシンガポール版だと思ってたんですが、CDAを調べてみたら1310-4350=香港版でした。w

まぁ、それほど気にすることでもないんですが。。

 

※追記

そう言えばこのG8342、F5321と違って正式にIPX5/8・IP6Xを謳っている防水・防塵タイプ。

まぁ間違いはないだろうと思いつつ、アプリを入れてチェックしてみました。

真ん中のPRESS HEREを指で押すと、、

ハイ、しっかり防水になってました。

これで安心して海でも使えますね。。

まぁ、実際に海中撮影するときは落下防止の意味も含めて防水ポーチ使いますけど。。

 

 

 

カテゴリー: 携帯・スマフォ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください